NEWS

お知らせ

ホーム > ニュース > Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 湘南ベルマーレ戦後 小宮山友祐監督コメント

Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 湘南ベルマーレ戦後 小宮山友祐監督コメント

2021.11.06

■小宮山友祐監督
「やるべきことをやりきった湘南と、やりきれなかった浦安、そんな試合でした。湘南は何か特別な戦術があるわけでもないですし、難しいフットサルをしているわけでもありませんが、それに対して自分たちは走り負け、1対1の部分でも劣ってしまった。そこが結果に出てしまいました。試合への入りは悪くなかっただけに前半の最初で決めきりたかった。そこが一番の痛手でした。

前半から、宇野、尾形、柴山など若い選手たちも起用しました。ピヴォ当てまでの流れも斜めのパスも良かったですし、勇気を持って戦ってくれていたと思います。彼らは実力で14人のメンバー枠を勝ち取ったのでこの試合でどこまでやれるのかを見られたことは収穫の1つでした。

次節は1週間後。立川・府中は湘南とスタイルが全く違うので、また違った試合展開になると思いますが、しっかりと切り替えてこの流れを断ち切らなければいけません。浦安は決して弱いチームではないので、その部分をもう一度思い出させて、ホームアリーナでの勝利を目指して準備していきます」