NEWS

お知らせ

ホーム > ニュース > 山本典城(ラス・ボニータス)、デフフットサル女子日本代表監督就任のお知らせ

山本典城(ラス・ボニータス)、デフフットサル女子日本代表監督就任のお知らせ

2016.12.05

この度、デフフットサル女子日本代表監督にバルドラール浦安ラス・ボニータス監督の山本典城(やまもとよしき)が就任しましたことをお知らせします。

《山本典城プロフィール》

【生年月日】:1975年11月9日

【出身地】:奈良県

【ライセンス】

・JFA公認サッカーC級

・JFA公認フットサルC級

・サンパウロ州公認フットサルコーチライセンス

【選手歴】 ASPA FCーBORDONーフットサル世田谷ーカフリンガ東久留米

【指導歴】

・2013年〜2015年 ろう者フットサル女子日本代表 監督

・2015年 デフフットサルワールドカップ2015 6位(過去最高位)

・2015年〜 バルドラール浦安ラス・ボニータス 監督

《コメント》

「この度、デフフットサル女子日本代表監督に再就任する事となりました。 まず、またこのような大きな仕事をさせていただく事を大変光栄に思います。

バルドラール浦安のカテゴリーの中には聴覚障がい者を中心としたデフィオがあります。そのような中でバルドラール浦安の一員として、この仕事を引き受けさせていただく事はとても大きな意味と責任があると感じています。

2015年タイでのデフフットサルワールドカップでは目標にしていたメダルを日本に持ち帰る事はできませんでした。 次の2019年のワールドカップではメダルを日本に持ち帰れるよう、その目標に向かって3年間しっかりと積み上げていきたいと思います。

みなさん、バルドラール浦安への応援とともに、是非、デフフットサル日本代表への応援をよろしくお願いいたします」

バルドラール浦安ラス・ボニータス:山本 典城

img_0011 img_0006