NEWS

お知らせ

ホーム > ニュース > 12/5 Fリーグ第23節・府中アスレティックFC戦(浦安市総合運動公園体育館) 両チーム監督コメント

12/5 Fリーグ第23節・府中アスレティックFC戦(浦安市総合運動公園体育館) 両チーム監督コメント

2016.12.06

■米川 正夫監督(バルドラール浦安)

−試合の総括をお願いします。

「府中に対して、まずは4枚でボールを回して相手の背後を取っていこうという狙いで試合に臨みました。相手のフィジカルが凄く強いことはわかっていたので、その特徴に対してこちらは足でかき回すということを意識しました。府中の選手を後ろ向きでを走らせる形を増やすことを狙っていました。

前半はすごく良かったのですが、後半はほとんどの時間で自分たちがボールを保持することができませんでした。 最近の試合では、こういった展開がすごく多くなっています。その要因なのですが、体力的な部分、システム、技術、本当にいろんな面があると思います。ただ、うまくいくことができない中で、どのような方法を取っていくかを考えた時、今日の後半は、守備に重きを置いてカウンター狙いで戦いました。

見ている方は、得点があまり入らないので面白くはないかもしれないですが、自分たちの立場を考え、今できることを全力でやった結果として勝ち点3を取ることができたのは、すごく大きいことだと思います。これから、本当に1試合も負けられない戦いが続いていきます。一試合一試合、集中して戦っていきたいです」

−スターティングファイブに関して。

「先ほども言いましたが、府中はフィジカルが強いので、そこに対して前半の早い時間での失点を防ぐために、小宮山と荒牧を同時に起用しました。うちのフィクソは彼ら2人だけですので、ゲームが落ち着くまでは彼らを使っていくという作戦でした。

そのあとは、普段通りのセットで戦っていきましたが、その中でもある程度状況に応じて選手を使い分けました。 今週のトレーニングでは、いろんな組み合わせをゲームの中で試していたので、選手たちも違和感なくプレーできていたと思います」

−今後の試合に向けて、ボールの支配率を上げていくためには?

「すごく細かい話ですが、ウチには実行しようと思えばポゼッションをできる選手がそろっています。

しかしボールを取られることに対する恐怖心があるのかもしれないです。そういったメンタル的な要素が大きいんじゃないかなと感じています。それに加えて、外国籍選手の2人が、ゲームになると少しイレギュラーな動きをする部分がまだまだあります。今後もプレーを繰り返していって、しっかりとチームの動きに適応させるようにしていくしかありません。 その問題についてもいろいろなアプローチをして対策をしていっている途中なので、手を替え品を替え、あらゆることにチャレンジしていきたいです」

−小宮山選手のゴールに対して。

「引退発表直後に点をとるあたりは、さすがだなという思いです。彼が、チームや日本のフットサルに貢献してきたことは、誰もが知っているところです。

引退発表をしたことで、彼のプレーが特別に変わることはないと思いますし、僕も引退する選手のために頑張ろうと言うつもりもありません。 ただ、心の中では全員がそういった気持ちを持っているはずです。

彼と一緒に少しでも多く試合をしたい、プレーオフにいって優勝を経験させてあげたいという思いはどこかにあるはずです。 チームが一つになって、今後もしっかりと戦っていければなと思います」

d5k_5241

 

■谷本 俊介監督(府中アスレティックFC)

−試合の総括をお願いします。

「プレーオフ争いが熾烈な中、直接的なライバルになるであろう浦安とのゲームでした。 今日勝ったほうが上にいく、負けたほうが下がってしまう、サバイバルゲームだという意気込みで試合に臨みました。

選手たちは気持ちは強く持って戦ってくれましたが、試合には負けてしまいました。悔しいという気持ちが、いつも以上に大きい敗戦です。 プレー面については、ゴール前での集中力の差が勝敗を分けたと思います。

ゲームの大筋自体に、両チームに大きな差があったわけではなかったはずです。もちろん、もっと細部にこだわってプレーの質を上げていく必要はあります。 ただ今日のゲームに関していえば、点を決めるというところ、しっかりとゴールを取り切ることに集中力と精度を上げていかなければ、こういった形で負けてしまうのではないかなと思います。 ゴレイロの藤原選手ががすごくいいセーブをしていたのも、褒めなければいけないです。

ただ、負けてしまっては何も残りません。今シーズンは、リーグ戦で浦安との対戦はもうありませんが、同じような試合はこれからもあるはずです。しっかりと修正をかけて、なるべく残りの試合を常に勝てるような状況を作っていきたいです。

この結果で順位が入れ替わるわけではないですし、プレーオフへの道が絶たれたわけでもありません。下を見るのではなく、上を見て、常に上位を追いかけていくような気持ちで戦っていきます。来週は大阪との試合になりますが、しっかりと勝てるような準備をしていきたいです」