バルドラール浦安 Bardral URAYASU ロゴ

NEWS

お知らせ

MATCH

2020.12.13

■小宮山友祐監督
「試合を振り返って前半から、想定していたゲームプラン通りの試合展開でした。先制点のシーンもセットプレーで相手の守備にエラーが起こることもわかっていたので、そこから理想の形で点を獲ることができました。自分たちの強みであるディフェンスという部分で湘南の強みもしっかりと封じ込めていたと思いますし、湘南の攻撃に対しても臆することなくプレスをかけ続けていたので、キープレーヤーにも決定的な仕事はさせず、終始浦安のゲーム展開だったなという印象です。

失点に関しては不運なものもあったので、修正が難しいところもあるかと思いますが、今日の試合も選手たちは本当によく戦ってくれました。何も悲観することはないですし、ここまでやってきたことも間違い無いと思います。我々はこれをやり続けるだけだと思っています。得点のにおいはしていたので、あとはゴールネットを揺らすことができるかどうか。フィウーザ選手が素晴らしいセーブを連発していましたが、あのような場面でゴールをこじ開ける力が浦安には足らなかったのかなと感じています。次節に向けてまた準備していきます」

arrow_top

TOP