NEWS

お知らせ

ホーム > ニュース > Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 シュライカー大阪戦後 小宮山友祐監督コメント

Fリーグ2021-2022 ディビジョン1 シュライカー大阪戦後 小宮山友祐監督コメント

2021.12.05

■小宮山友祐監督
「前半は本当に完璧なゲームでした。自分たちの狙っていた攻撃や大阪に対する守備も積み重ねて来たものが出せたゲームだったので結果には非常に満足しています。
自分たちが前半で4点取ることができたということは、後半に相手も4点取ることができる可能性も十分にあります。勝っている状況で一番重要なことは勝っている状況で時計を進めることです。そのためにもポゼッションを高めシンプルにやろうとハーフタイムに話をしました。ただ、シンプルにボールをクリアした後にラインを上げきれず押し込まれてしまったことが連続失点に繋がってしまったと感じています。守備のみに特化せず勝負を決める5点目をもっと奪いに行く姿勢が必要だったと感じています。

水曜日には次の試合が控えています。ペスカドーラ町田とは今季初対戦になりますし、若手の台頭もあり非常に良いチームになっているので、その町田を跳ね返してホームで浦安の強さを証明したいと思います。中2日での試合に加えて、1日空けて町田との連戦となるので、コンディション的にも難しい試合になると思いますが、やるべきことをしっかりと表現できればいい結果を得られると感じています。今季初対戦ですのでどういった試合になるかはまだわかりませんが、まずはホームでしっかりと町田を倒して連勝をさらに伸ばせるように明日から準備していきます」

※写真は別試合のもの