NEWS

お知らせ

ホーム > ニュース > 【Fリーグ第25節】アグレミーナ浜松戦後の高橋健介監督コメント

【Fリーグ第25節】アグレミーナ浜松戦後の高橋健介監督コメント

2017.11.18

■高橋 健介監督

ーーまずは試合の総括をお願いいたします。
「ずっと課題にしている押し込んだ後の部分で、なんとなく悪くない流れを断ち切ることができないのが現状です。全部(星)翔太がこじ開けるようでは、チームとしては難しいので、そこで『自分で決めるんだ』という個人の意思を自分たちで出してほしかったのです。自分で決断することを大事にしてくれということはずっと求めている部分ですし、そこがもう少し出てくれば、ラスト10mの精度は改善できると思っています。

失点に関してはアンラッキーな部分もありましたし、今まで積み重ねてきたものが、CKに関してもそうですが、重要な局面でエラーとして出てしまった印象です。不運かなと思うプレーも含めて、そういうことを引き込んでしまったのは、押し込んでいる時間帯で相手を仕留め切れないことが原因だと考えていますので、そこは策を講じながらやっていければと思います」

ーーゴール裏には監督に向けた横断幕も出ていましたが?
「ずっとここで育ててもらったので、そういう形で出してもらえたことはありがたいです。ただ、現状結果が出ていません。結果を出すための方法として、自分がベストだと思っているやり方でやってきましたが、それで結果が出ていないということは、何かしら変えなければいけないとも思っています。

それは選手も含め、しっかりとプロ意識を持って自分自身を変えないと、この状況を打破できませんし、真摯に受け止めて変わっていかなければなりません。(横断幕は)ありがたいですことですね。しっかりと矢印を自分に向けて、次の試合に向けて準備をしていきます」

HK1_5473